« Qpotの新作シーリングチョコレート封蝋をイメージしたチョコレートアクセサリー | トップページ | アンドゥムルメステール2019年春夏コレクション厳格な世界で見つけ出す柔らかさ »

2022年6月 1日 (水)

さっぽろホワイトイルミネーション札幌市内を光で包み込む冬イベントクリスマスツリー&オブジェなど

「第41回さっぽろホワイトイルミネーション」が2021年11月19日(金)から、大通公園・駅前通・南一条通・札幌市北3条広場「アカプラ」・札幌駅南口駅前広場で開催される。「第41回さっぽろホワイトイルミネーション」「第41回さっぽろホワイトイルミネーション」は、札幌市内の各地で開催される人気イルミネーションイベント。<大通1丁目&2丁フェンディマフラーコピー目会場>ハートが輝くツリー&クリスマスピラミッドオブジェ※2019年(第39回)開催時の様子※2019年(第39回)開催時の様子“LOVE”をテーマにした大通1丁目会場には、ハートがきらきらと輝く「ラブ・ツリー」や、赤を基調としたグランドイルミネーションを設置。大通2丁目会場には、ドイツの伝統的なクリスマスオブジェ“クリスマスピラミッド”をモチーフにした「Gift of Snow」や、ブルーを基調としたグランドイルミネーションが登場する。<大通3丁目会場>“ライラックの花”イメージのオブジェ※2019年(第39回)開催時の様子※2019年(第39回)開催時の様子大通3丁目会場では、の花をイメージした大型オブジェを用意。パープルのグランドイルミネーションが彩りを添える空間で、花と季節の移ろいを光と音の演出で表現する。<大通4丁目会場>ダイヤモンドモチーフの光の宮殿※2019年(第39回)開催時の様子※2019年(第39回)開催時の様子大通4丁目会場で鑑賞できるのは、ダイヤモンドをモチーフにした光の宮殿「ジュエリー・パレス」。中央の噴水を活用した“光の噴水”や、ブルーグリーンに輝くグランドイルミネーションが幻想的なムードを盛り上げる。<大通5丁目&6丁目会場>シンボルツリパネライスーパーコピーーや光の迷路※2019年(第39回)開催時の様子※2019年(第39回)開催時の様子また、大通5丁目会場ではゴールドに輝くシンボルツリーが主役の「トゥインクル・ガーデン」を、大通6丁目会場ではグリーンに輝く光の迷路「フォレストサークル」を展開する。<札幌駅南口駅前広場会場>“光柱”を設置※2020年(第40回)開催時の様子※2020年(第40回)開催時の様子札幌駅南口駅前広場会場で実施するイルミネーションは、2021年度より装飾を刷新。樹木に光の装飾を施すほか、期間限定で光柱の設置やプロジェクションマッピングの演出なども行う予定だ。※2019年(第39回)開催時の様子※2019年(第39回)開催時の様子その他、札幌市北3条広場[アカプラ]会場、JR札幌駅前からすすきのまでの駅前通会場、南1条西1丁目から3丁目間の南一条通会場でも街路樹にLED装飾をセット。繊細な煌めきを放つ色鮮やかな光によって、クリスマスらしい華やかなムードを演出する。

【詳細】
「第41回さっぽろホワイトイルミネーション」
会期:
・大通会場:2021年11月19日(金)~12月25日(土)<37日間>
※シンボルオブジェを始めとするイルミネーションについて、12月26日(日)から雪まつり終了時(2022年2月12日(土))まで継続して設置・点灯することを予定している。
・駅前通会場:2021年11月19日(金)~2022年2月12日(土)<86日間>
・南一条通会場:2021年11月19日(金)~2022年3月14日(月)<116日間>
・札幌市北3条広場(アカプラ)会場:2021年11月19日(金)~ 2022年3月14日(月)<116日間>
・札幌駅南口駅前広場会場:2021年11月19日(金)~2022年3月14日(月)<116日間>
会場:大通公園(西1丁目~6丁目を中心に展開)・駅前通(北4条~南4条札幌駅前通中央分離帯)・南一条通(西1丁目~3丁目)・札幌市北3条広場「アカプラ」(北2条西4丁目及び北3条西4丁目)・札幌駅南口駅前広場(北5条西3丁目)
※使用電球数73万個
※写真はすべて2019年(第39回)開催時のもの

【問い合わせ先】
さっぽろホワイトイルミネーション実行委員会 (事務局 札幌観光協会)
TEL:011-281-6400※2019年(第39回)開催時の様子※2019年(第39回)開催時の様子※2020年(第40回)開催時の様子※2019年(第39回)開催時の様子

« Qpotの新作シーリングチョコレート封蝋をイメージしたチョコレートアクセサリー | トップページ | アンドゥムルメステール2019年春夏コレクション厳格な世界で見つけ出す柔らかさ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。